岡山で内視鏡検査をして病気の早期発見を!病院選びのポイントとは?

SITEMAP

医者からの説明

岡山の内視鏡検査で自分の胃をチェックしよう

消化器内科

岡山で胃の調子を常に良い状態に保つためには、内視鏡検査を受けることを考えてみてください。内視鏡を胃の中に入れて調べる方法だと、わずかな病変でもきちんと見つけることができます。
これは、胃の中の粘膜を目視で確認することができるからです。内視鏡がついたチューブを体の中に入れ、じっくりと内部を観察する方法なら、小さな変化も見逃すことはありません。間接的なチェックだと気づけないような病気による変化も、高い確率で発見できるのです。
岡山でこうした検査を受けていれば、病気の早期発見ができます。気づくのが遅くなれば、それだけ悪化してしまい、体のダメージが大きくなっていくものです。しかし、早く見つけて早く治療を始めれば、ダメージを軽減できます。胃がんは初期だと自覚症状がなく、なかなか気づけないことが多いので、早期発見が可能な対策は、積極的に行うべきです。
こうしたメリットに注目するなら、ぜひ岡山での内視鏡検査を検討してみてください。胃の粘膜をチェックする際、組織の一部を採取することができるため、良性と悪性の判断もしっかりできるようになります。少し時間のかかる方法ではありますが、治療が必要な部分を確実に見つけて、健康を維持していきましょう。

press release

内視鏡

2020年01月14日

岡山のクリニックで大腸の内視鏡検査を受けよう

内視鏡検査には、胃などを観察する胃カメラと、大腸を観察するための大腸カメラがあります。大腸の内視鏡検査では、大量の下剤を飲むことで、大腸を空にしておく必要があります。準備に若干手間がかかりますが、大腸の内部をしっかりと観察して、ポリープの発見や大腸がんの早期発見に役立つため、重要な検査です。大…

recent posts

TOP