岡山で内視鏡検査をして病気の早期発見を!病院選びのポイントとは?

SITEMAP

医者からの説明

岡山で受けられる負担の少ない内視鏡検査について

お腹を押さえる人

食道や胃の状態を確認する内視鏡検査ではカメラを口や鼻から入れることになりますが、いかにも痛そうですし、気持ち悪そうだと不安になる方もおられるでしょう。しかし最近は負担の少ない内視鏡検査も登場しており、岡山でもそれを受けられます。負担が少ないのは内視鏡を口ではなく鼻から入れる場合です。技術の進歩によって極細の内視鏡ができており、こちらなら鼻から通して食道や胃を観察できるのです。
口から入れたときに負担になるのは喉を通過するとき、異物を吐きだそうとする体の反射が起こるためです。体の自然な反応をこらえて内視鏡を飲み込む必要があり、この検査を受ける患者にとっては一番大変なプロセスとなります。
鼻から通せばこれが必要なくなるため、かなり楽に検査を受けられるのです。これは患者の鼻腔の大きさにもよるため誰でも絶対に受けられるわけではないのですが、なるべく負担の少ない検査がいいなら岡山でこちらの検査を行っている病院を選ぶといいでしょう。
このように岡山での内視鏡検査なら負担の少ない検査を選べる場合もあります。検査の内容や負担が心配で受診を先延ばしにしている方など、いい病院を探してなるべく早めに相談することをおすすめします。

press release

内視鏡

2020年01月14日

岡山のクリニックで大腸の内視鏡検査を受けよう

内視鏡検査には、胃などを観察する胃カメラと、大腸を観察するための大腸カメラがあります。大腸の内視鏡検査では、大量の下剤を飲むことで、大腸を空にしておく必要があります。準備に若干手間がかかりますが、大腸の内部をしっかりと観察して、ポリープの発見や大腸がんの早期発見に役立つため、重要な検査です。大…

recent posts

TOP