岡山で内視鏡検査をして病気の早期発見を!病院選びのポイントとは?

SITEMAP

医者からの説明

岡山のクリニックで大腸の内視鏡検査を受けよう

内視鏡

内視鏡検査には、胃などを観察する胃カメラと、大腸を観察するための大腸カメラがあります。大腸の内視鏡検査では、大量の下剤を飲むことで、大腸を空にしておく必要があります。準備に若干手間がかかりますが、大腸の内部をしっかりと観察して、ポリープの発見や大腸がんの早期発見に役立つため、重要な検査です。大腸がんは早期に発見できれば、しっかりと治療を行うことができる病気です。知らない間に病気が進行しているケースもあります。特にリスクが高くなっていく40歳を過ぎたら健康管理のために、定期的に内視鏡検査を受けることが勧められています。
岡山のクリニックで、大腸内視鏡検査を多く手掛けているクリニックを見つけて、一度受けておくといいでしょう。岡山の病院から、消化器内科などをチェックして選びましょう。検査時には空腹のうえに大量の下剤を飲んでいる状態になるので、自宅から近いクリニックのほうがおすすめです。院内で下剤を服用するケースもあります。
内視鏡を大腸に入れることが恥ずかしい、という声もあります。スタッフの方が丁寧に接してくれるので、安心して検査を受けられます。岡山で通いやすいクリニックを探して、内視鏡による検査を受けましょう。

press release

内視鏡

2020年01月14日

岡山のクリニックで大腸の内視鏡検査を受けよう

内視鏡検査には、胃などを観察する胃カメラと、大腸を観察するための大腸カメラがあります。大腸の内視鏡検査では、大量の下剤を飲むことで、大腸を空にしておく必要があります。準備に若干手間がかかりますが、大腸の内部をしっかりと観察して、ポリープの発見や大腸がんの早期発見に役立つため、重要な検査です。大…

recent posts

TOP